Category : 専業在宅ワーカーならではの悩み

家族との関係にご注意!

在宅のお仕事は勤務時間が自由であり、休みも好きなタイミングでとれることが魅力です。一見すると、家族との関係も良好に保ちやすく感じるかも知れませんが、理解を得られていないと大きな落とし穴にはまってしまうかも。 自宅で仕事をする上で注意したい、家族との付き合い方について考えてみましょう。

夫婦に忍び寄る危機

いつも自宅にいれることはもちろんメリットです。ですが、思いもよらぬところですれ違いが生まれている可能性もあります。気づかないままにしていると、後々大問題に発展しかねません。

例えば、妻からしてみると、在宅で仕事をする夫が今、業務に励んでいるのか、それともただネットをしているのか分からないことがあります。仕事をしているのであれば邪魔してはいけませんが、そうで無いなら自分に構って欲しいと思うでしょう。 家にいすぎるのも問題です。一日中顔を合わせていると、お互いのプライベートな時間が無くなってしまいます。夫婦と言え、一人の時間が不要なわけではありません。

夫婦の問題は、浮気や夫婦げんかといった目立つものだけではなく、水面下でじわじわと進んでいくセックスレス、無関心化、そしてEDなどの形で起こることもあります。家にいて、いつも一緒だから安心というわけではないことを、在宅で働く人は覚えておきましょう。

将来性を考える

在宅の仕事に不安はつきものです。いつ仕事がなくなってもおかしくはありませんし、そうなった場合また自宅でできる仕事が、すぐに見つかる、という保証もありません。在宅なら立地は関係ないと、少し郊外で暮らしている人にとっては特に大きな問題です。

家族を支えている人にとって、将来性のある仕事に就くのは非常に大切です。自分次第で、在宅であっても安定した収入を得るのは可能ですが、それこそ本人の能力や頑張りが左右する問題です。家族のために一生懸命働く、という決意なしには難しいでしょう。

それでも家にいられる幸せ

さまざまな不安がある在宅での仕事ですが、それでもやっぱり、家族といつも一つ屋根の下で暮らせることは幸せであると言えます。子供の成長をいつも見守ることが出来ますし、しっかりスケジュール管理をしていれば、休みの取り方は自由です。家族でイベントに参加し、旅行を楽しめるのは素晴らしいですよね?

本人がしっかりと将来について考え、パートナーと理解を深め合ってさえいれば、訪れる危機を回避するのは難しいことではありません。幸せな家庭を維持するために、いつも心がけておきましょう。

Recommend