Category : ネットは宝の山!副業で稼ごう!

ドロップシッピングは儲かるの?

「ドロップシッピング」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。インターネットならではの販売方法を実現したものですが、なかなか浸透していないような気もします。実際にどんなものなのでしょうか?

在庫いらずのサービス

ドロップシッピングは簡単にいうと「商品を持っていなくても商品を売れる」販売方法のことです。インターネット通販では実はよく使われている手法なのですが、どんな仕組みなのか知っておきましょう。やり方しだいで儲けることができるはずです。

ドロップシッピングは誰でもできる

ドロップシッピングは誰にでもはじめることができます。日本で有名な大手サイトは「もしもドロップシッピング」です。ユーザー登録をすることで、用意されている商品を自分のサイトに掲載することができ、値段をつけて販売することができます。

自分で運営するネットショップに注文が入ったら、登録先のサイトにその情報を送ります。そうすると、サイトが商品の発送を代行してくれるのです。ショップとして在庫を持たないで商売ができるということが最大のポイントです。

ネットショップを開いて商売をしたいという人はたくさんいますが、どうしても商品を仕入れるための元手が必要になりますよね。そこで資金不足のためにあきらめることなく、ドロップシッピングを使うことでネットショップを運営できるのです。

仕組みとしては、さまざまな商品提供業者のおろし値に対し、自分が売りたい金額を付けて売ることで、差額分を利益とすることができます。もちろん自分でネットショップを作らなければいけませんが、HPさえ作っておけばショップとしての機能は登録したサイトから使うことができるので、HPを立ち上げてサーバーを借りるコストだけを考えれば良いところが手軽にできる理由です。

儲けられるかどうかは商品の価格設定次第ですが、当然おろし業者ごとに商品の底値は決まっていますので、多くのサイトが利益ギリギリの価格で販売します。売れている商品の多くはホームセンターなどで売っていそうなミネラルウォーターのまとめ買いや、羽毛布団など。近くにそういったお店のない地域の方に売れているようです。よほど売らないと価格の設定によりあまり多くの利益が出ることはないかもしれません。ただし自分でお店を開いて商売をしているという満足感は得ることができるはずです。

自分のネットショップを作りたいと思っている方がいるならば、予行演習という意味でもまずはドロップシッピングをすることで、リスクなくネットビジネスの経験をつんでみてはいかがでしょうか?

Recommend