Category : 転職時代の生き抜き方

収入を複数に分けておこう

現在の日本では、残念ながら終身雇用は崩壊したと言えます。解雇のリスクから解放されるためには、収入源を複数持っておくことが有効です。なぜ本業だけではダメなのか?副業をするメリットとは?さまざまな疑問にお答えしていきます。

日本総転職時代

毎日激務に追われ、くたくたになりながら帰宅をするサラリーマンの皆さんには、副業なんてやっている暇はないかも知れません。もちろん、本業に精を出すことは最も大切なことです。今の会社で一生働きたい、と誰もが思っています。

残念ながら、近年の日本では定年まで働ける会社は、ほぼ無いと言わざるを得ません。これからの時代、一度や二度の転職は、当たり前になります。会社を解雇されたとき、副業があることは大きな安心です。

求職中の働き方

仕事を解雇され、次の職を見つけるまでにはある程度の期間がかかります。雇用保険制度に頼っても良いですが、場合によっては給付までに時間がかかることも。減り続ける貯金通帳を眺めていると、気分まで落ち込んでしまいますよね?

会社にいるときから副業をしていれば、収入が0になることはありません。もちろん大幅に減額にはなりますが、お金がなくなり続けるよりはよっぽどましでしょう。複数の収入があることは、こういった場合に活きてくると言えます。

副業で稼げるおすすめのネットビジネスは何? | こぶたの鉛筆 - ライターのための情報メディア←このサイトでは自宅で副業したい、お小遣い稼ぎをしたい、本業以外にも何かチャレンジしてみたい、という方のために副業のハウツーを紹介しています。

一生仕事し続けるために

定年後であっても、副業を続けることは可能です。もちろん、年齢制限のある仕事でしたら難しいかも知れませんが、基本的に自宅で行う仕事は、いくつになっても続けられます。 再雇用制度などがない会社の場合、年金が出るまでの期間、無収入が続いてしまいます。求職中と同じように、貯金を切り崩しながらの生活はなかなかきびしいもの。副業を続けていれば、無年金の期間も乗り越えられるかも知れません。

定年後、新たな職場を探すのも大変なことです。昔から続けており、勝手が分かっている仕事があるなら、続ける方が良いのは当たり前ですね。一生続けていける仕事があるのは、幸せなことです。

収入を複数から得ることにはさまざまなメリットがあります。無収入期間の不安はもちろん、老後の生きがいなど、お金に関わらず、いろいろな利点があると言えるでしょう。リスクヘッジと一緒に、自分の将来についても考えて見ませんか?

Recommend