Category : おうちオフィスの環境を整える!

iPad Proは誰のためのデバイス!?パソコンの代わりにはなるのかを考える

近年注目を集めているデバイスの中でも、iPad Proは別格の存在感を醸し出しています。ノートパソコンと同等のパワーを持ち、なんと純正のキーボードもオプションで追加が可能。こうなると、ノートパソコンのように使ってみたい!と思うのが人の性です。しかし、ノマドワーカーがこれ1台で仕事を完璧にこなせるものでしょうか?そこで今回は、職業別でiPad Proの用途がどんなふうになるのか!?ということを考えてみたいと思います。

一般的なライター業務であれば十分実用的!

まずはノマドワーカーの中でも結構な人数を占めるライターというお仕事から。彼らの場合、必要になるのは第一にキーボードです。以前までのiPadであれば、サードパーティー製のBluetoothキーボードなどを用意しなくてはなりませんでしたが、今回はなんと言っても純正品。とにかく安心感が違います。

特に、物理的に本体へ接続されているメリットはかなり大きいでしょう。無線のように途切れる心配もありませんし、レスポンスもごくわずかですが速くなります。キーボード本体の質感もまずまずと言われているので、ノートパソコンと同じような感覚で執筆ができるはずです。

また、ちょっとした写真撮影・編集も可能なので、取材先で画像まですべて揃えて納品することもできるでしょう。一般的なライター業務であれば、iPad Proは必要十分な機能を持っていると言えそうです。

Webディレクターには最高のデバイスかも!?

Webサイトの全体的な設計・デザインを行うWebディレクターにとって、iPad Proはベストバイな逸品かもしれません。まず、Webサーフィンのしやすさはすでに多くの方が実感されている部分でしょう。情報収集をするのであれば、これほどスムーズなデバイスはありません。

次に、付属のAppleペン。これを利用すれば、ノートはもういらなくなるかもしれません。それほどまでに滑らかな書き心地が実現されているので、サイトデザインのスケッチもスピーディー。さらに、チームへそのデータを送るのも簡単なので、わざわざパソコンを開くこともありません。カフェで優雅にリラックスしながらアイデアを育てることができるでしょう。

なお、さすがにコーディング等の作業は難しいですが、ワードプレスなどのCMSであればアプリを入れることで投稿もできてしまいます。本当にちょっとしたサイトのメンテナンスであれば、iPad Proで十分となるでしょう。

デザイナーやフォトグラファーにはあと一歩!?

さて、これまでけなすところが全く見当たらないiPad Proですが、デザイナーやフォトグラファーの場合にはどうでしょうか?結論から言うと、最後まで完璧に作品を仕上げるのは難しいようです。

まずは写真について。簡単なレタッチであれば、iPad Proは非常パワフルなツールです。しかし、本格的に修正や加工を行おうとすると、やはり精度の部分で無理があるのだとか。本体のスペックは十分であるものの、まだまだアプリが追いついていないのが現状のようです。

さらに、デザイナーの場合は普段使用するソフトがAdobe illustratorやinDesignであるため、それに対応したiOSアプリがないのも問題のよう。この場合、iPad Proはあくまでドローイング用途になってしまうそうです。

その他にも、プログラマーやWebエンジニアといった方々の場合は、そもそも開発環境がiPad Airでは構築できず、やはりパソコンの代わりにはならないのだとか。ここまで進化したタブレットですが、まだまだパソコンを駆逐するには至っていない、というのが実情のようですね。

Recommend