Category : おうちオフィスの環境を整える!

LINEのビジネス版!?ビジネスチャットでコミュニケーションを爆速に!

最近は、親しい人とのコミュニケーションにlineを代表とするチャットサービスを用いる人がほとんどとなりました。そしてこの波は、ビジネスシーンにも迫ってきている用です。そこで今回は、今流行りのビジネスチャットには、どんなメリットがあるのか?ということについて解説していきます。

実はメールは不完全なコミュニケーションツール?

フリーランスと言えども、礼儀を重んじたビジネスメールを書く機会は少なくないでしょう。しっかりと社会人としてのマナーがあることをアピールするためには、ある程度メールの作法も学んでおかなければなりません。

しかし、時にこれがコミュニケーションを妨げる要因になることもあります。たとえば、宛名を書くときには相手の「社名」「部署」「役職」などを記入するのが通例ですが、クライアントの数が多いと、これを空で覚えておくことはできません。以前のメールを見直したり、場合によっては名刺を探したりすることもあります。

また、ビジネスメールにおいては丁寧な表現が好まれます。「よろしくです!」といったくだけた表現は好まれません。これは、つまりメールを文書として取り扱う風潮が社会にあるからです。

これ以外にも、メールというのはいろいろと面倒な決まり事も多く、作成するのに結構な時間を要してしまいます。午前中はたまったメールの対応でいっぱいいっぱいになる、なんて方も多いのではないでしょうか?

しかし、今の時代、ビジネスはスピードが命です。メール作成に無駄な時間を使っているのは非常に非効率的。もっと手軽にとれるコミュニケーションがあれば、生産性アップも図れるでしょう。そこでおすすめしたいのがビジネスチャットです。

クライアントが対応していれば、ビジネスチャットが最適

ビジネスチャットとは、その名の通りビジネス用途で用いられるチャットのことです。各社がさまざまなサービスを展開していますが、基本的な機能は変わりません。

では、ビジネスチャットのなにがすばらしいのかということについて触れていきましょう。まずは、前述のメールのような作法がほとんどいらない、という点に注目です。チャットの場合、誰に対してメッセージを送っているかは明白。グループチャットの場合も、ToをつけていればOKです。そのため、わざわざ宛名を書く必要がありません。

さらに、チャットはコミュニケーションを第一に考えて設計されていますから、メールよりも砕けた表現が使えます。短文でもOK。大切なのは、スピーディーにコミュニケーションをとることだけです。

問題は、クライアントがそのチャットサービスを使っているかどうかという点です。自分が使っているからといって、それを相手に強要はできません。お客さんならなおさらです。しかし最近は、本当に多くの企業がビジネスチャットを導入するようになりました。打ち合わせの際などに「御社はビジネスチャットを利用されていますか?」と聞いてみましょう。これは、自分にも相手にもメリットのあることです。失礼には当たりませんので、ぜひ確認してみてください。

メールで時間と手間を削られるというのは由々しき問題です。フリーランスはいかに自分のリソースをお金に換えられるかが勝負。だからこそ、ビジネスチャットの積極的な利用は、大きなメリットとなるでしょう。

Recommend