Category : ネットは宝の山!副業で稼ごう!

ネットで報告!覆面調査員で副収入を得よう

「覆面調査員」とは、もちろん文字通り覆面をかぶって調査することではありません。調査員という使命を持ちながらお店に入り、そのお店の内容をお客さんとしてチェックをして、登録したサイトに事細かに報告をすることでクライアントであるお店に結果を伝える仕事です。

サービスの改善のために

この仕事はサービスを改善するための手法で、アメリカが発祥です。アメリカでは、ファーストフード店や小売店だけではなく、銀行などでも導入されているものです。お店に行ったときに接客態度やお店の清潔度、金額について不満や疑問を感じることはよくありますよね?そんなお店のレベルアップを図るために企業側が自主的に実施するものなのです。

覆面調査員が足を運ぶことで、普段と同じように接客している姿をそのまま調べることができます。店で感じたことを率直にレポートとして提出し、その声をもとにサービスの質を高めていくという仕組みです。

店員にはわからないようにする

実際にどんな風に実施するのかといいますと、まず調査員募集サイトに登録をします。すると現在募集している調査の日時、内容を知ることができます。何月何日に、どこどこのお店に行くことができる人を募集、という風に出ているはずです。もちろんお店にはわからないようにしていかなければいけません。

調査の内容により金額も違います。高い金額のものには、ある程度の指令が出ている場合もあります。例えば居酒屋での調査を例にとると、まずお店に入ってきちんと挨拶があったか、元気よく「いらっしゃいませ」が言えていたかなどが項目に入っています。その上で、おしぼりは清潔だったか、オーダーはすぐにとりに来たか、などを見てくることを義務付けられます。

そして、いくつかのミッションの中には少々面倒なものもあります。注文した商品が写真と違う、などのクレームを告げると店員はどう対応するか、などといった高いハードルを設ける場合もあります。ちょっと嫌なお客さんの役回りも演じることになりますが、報酬も高めですから、そこは覚悟の上でやってみてください。

調査を終えると会計は自分で払わなければいけません。居酒屋などの飲食店の場合は、まず自腹で払い、その分食事代をそのまま報告の報酬として受け取ることができます。もちろんレシートは必ず持ちかえらないといけません。これを忘れるとまったく無意味になりますからご注意ください。

ネットの副収入としては、家から出て活動をしないといけないですが、家に帰ったら報告をメールで送るだけ。慣れてきてサイクルが上手くできればお金をかけずに食事をすることもできますので、是非とも覆面調査員のサイトから登録してみてください。

Recommend