Category : フリーランスは本当に自由か?

フリーランスが加入するのは国民健康保険?

会社員として勤めていたときは社会保険への加入でしたが、フリーランスになるどどの保険に加入するのでしょうか。いつどのタイミングで怪我や病気になるか分かりません。保険への加入に関する情報もインプットしておきましょう。

基本的に日本で暮らしていれば加入の義務がある健康保険

会社勤めをしていたときは、社会保険へ加入しています。この場合、会社が保険料を半分負担してくれましたが、フリーランスとして働く場合は健康保険への加入をどうしたらいいのか迷うところではないでしょうか。怪我も病気もほとんどしないから加入しなくても平気というのはNGです。日本の法律で、健康保険への加入が義務付けられているからです。そのため、フリーランスの多くは国民健康保険へ加入しています。

フリーランスの場合は国民健康保険への加入が一般的

国民健康保険とは、各自治体に出向いて手続きを行います。保険料は前年度の収入から計算されるので、収入が安定しない場合は毎年保険料が変わるという特徴を持っています。ですから、前年度の所得が多いと翌年の保険料が高くなるので高くなったその年の収入が低くなると支払いが大変な状況になってしまいます。

会社員として勤めていれば、大幅に給料が増減することはほとんどありません。残業代が増減するぐらいでしょうか。会社が半分払ってくれるとしても、それほど大幅に金額が変わることはないので心配は要らないのですが、フリーランスの場合は収入に応じて翌年の保険料が変わるため、少なくとも前年度と同じぐらいの仕事をこなす必要が出てきます。前年度の仕事量はどのぐらいだったか、どんな仕事をいくらで請け負っていたのか把握しておきましょう。

国民健康保険組合をご存知ですか?

国民健康保険組合という組織があることをご存知でしたか? おそらく知らない方がほとんどではないでしょうか。社会保険じゃなかったら国民健康保険、という認識は間違いではないものの、自治体の国民健康保険と同じで、事業者が運営する健康保険なのです。そのため、そちらの健康保険に加入していれば、国民健康保険へ加入しなくてもいいという流れであることをぜひ覚えておいてください。

健康保険組合には色んなタイプがあり、その中には国民健康保険でありながら収入によって保険料が変わらない、一律の保険料を徴収しているところがあります。そのため、定額の保険料になるため収入が多い、収入が少ないといった不安定要素がありません。また、自治体の国民健康保険と比べると比較的保険料が安く設定されています。

これらの保険は誰でもすぐに加入できるものではなく、加入資格を持つことが必要です。日本に住所があり、尚且つ組合加盟の団体会員であること、少なくともこれが条件となっています。

いつどのタイミングで体調を崩すか分かりません。特にフリーランスは一人で活動しているわけですから、保険が無い状態で全額自己負担になってしまうと大変でしょう。そのためにも、自治体の国民健康保険や、国民健康保険組合への加入は怠らないようにしましょう。そもそも加入の義務があることを忘れてはいけません。保険に加入しているという状況は少なくとも万が一に備えて安心感を与えてくれるでしょう。

Recommend