Category : おうちオフィスの環境を整える!

仕事で使うネット回線の選び方

自宅で仕事をするのなら、インターネットは確実に必要と言えます。パソコンがあったとしても、ネットが繋がっていなければただの箱。まだ家にネットが開通していない人や、現在の契約を見直そうと考える方に、インターネットの選び方をお教えします。

速いと安い、どちらにする?

インターネットには主に三種類の回線があります。最も高速な「光」。一世代前の「ADSL」。そしてどこでも使える「モバイルインターネット」です。※モバイルに関しては後ほど詳しく解説します。

光とADSLの違いは、通信回線の種類など難しいことを抜きにすると、早い話が「速度」です。光の方が上りも下りも、圧倒的にスピードが出ますので、特に動画やネットゲームを楽しみたい方には必須であると言えるでしょう。ADSLは光ほどの速度はないものの、Webブラウジングやメールなどには全く支障が無いと言えます。

もう一つの違いは月々の料金です。サービスにもよりますが、ほとんどの場合ADSLの方が安いでしょう。固定電話回線に加入しているなら、1980円程度から契約ができます。重たいデータをやりとりしたり、打ち合わせを映像付き音声通話などで行ったりしない限り、ADSLでも十分仕事は可能です。

速度を取るか、料金を選ぶか、迷いどころです。ご自宅をオフィスにする場合、インターネットはプライベートと共用するものです。ご自身のワークスタイルだけでなく、ライフスタイルにも目を向けて選ぶべきでしょう。 初心者のためのインターネット契約・選び方ガイド←こちらのサイトでは、インターネット回線の選び方をより詳しく丁寧に解説されています。

携帯会社のディスカウントを利用する

最近は、携帯電話会社が自宅用のインターネットを提供するようになりました。ご自身がお使いのキャリアと、自宅のネットの会社を同じものにすることで、月々の携帯料金が割引となるサービスがあります。携帯料金も、インターネット料金も、ある意味では同じ通信費です。トータルの出費で見ると、こうしたサービスに申し込むことは最もお得であると言えるでしょう。

家でも外で使えるWi-Fi

インターネットを自宅に引かない、という選択肢もあります。モバイルインターネットは近年、LTEという新たな規格を導入し、ADSLと比べても遜色ないまでに高速化しました。外でノートパソコンなどのモバイル端末をWi-Fiに接続出来るのはもちろん、家で会っても問題なく使用することが出来ます。

光ほどの速度はまだ出ませんが、在宅であっても、外で作業をすることもあるでしょう。モバイルインターネットを所持していれば、どんなときでもインターネットを使えます。ある意味では最も便利なサービスと言えるでしょう。

どういったインターネット接続サービスを契約するかは、人それぞれです。在宅で働く人にとっては、インターネットは最重要問題です。良く考え、自分に合ったものをチョイスしましょう。

Recommend