Category : フリーランスは本当に自由か?

ノイズキャンセリングヘッドホンで、ノマトド中も作業効率アップ!

出先での作業で何よりも必要となるのは集中力。しかし、たまたま入ったカフェがガヤガヤとうるさく、どうしても気が散ってしまうなんてこともあるでしょう。そんな悩めるノマドワーカーに、今回はおすすめのヘッドホンをご紹介。これさえあれば、どんな状況でもすぐに集中力マックスになれること間違いなしです!

結構使われてる?ノイズキャンセリング技術

ノイズキャンセリングという言葉をご存じでしょうか?難しく言うと、音と音を逆位相でぶつけることにより、それぞれの音を打ち消して無音を生み出すといった感じです。もっと簡単に言うと、周りの騒音を軽減してくれる、魔法のシステム、ということです。

ノイズキャンセリングシステムは、実はさまざまなところで使われています。たとえば日産のU13系ブルーバードは、室内の静音性を高めるために、消音スピーカーというものが搭載されています。これも、実はノイズキャンセリング技術が使われた機械です。その他、ジェット機の試運転時の騒音を軽減するために、消音スピーカーが用いられることもあるのだとか。

さて、そんなノイズキャンセリング技術ですが、実はこれ、ヘッドホンにも応用されています。この場合の効果は、周囲の雑音が消えて、音楽だけがしっかりと聞こえるというもの。ザワザワとうるさい場所であっても、その音を気にすることなく作業に集中できてしまうのです。

騒音をカットすることのメリットについて

では次に、ノイズキャンセリングヘッドホンのメリットを挙げてみましょう。まず第一に、音楽をしっかり集中して聴けること。第二に、周りの騒音が小さくなっているので、その分音楽の音量を絞れること。第三に、耳栓としても使えることが挙げられます。

ひとつずつ解説を。周りの騒音がなければ、当然音楽のみに耳が向きます。はじめてノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを使った人は「今まで聞こえなかった音が聞こえた」と言うかもしれません。よほど静かなリスニング環境を持っていない限り、騒音と無縁の生活というのはあり得ません。しかし、ノイズキャンセリングヘッドホンであれば、その環境が簡単に手に入ってしまうのです。

また、周りの騒音が少ないと言うことは、それだけ耳元は静かになっているということ。静かな場所で音楽を聴くときは、音量が小さくても大丈夫ですよね?ノイズキャンセリングヘッドホンを使うと、大音量で音楽を聞き続けた時になりやすいと言われる難聴防止にもつながります。

しかし、ノマドワーカーにとって大切なのは実は3つ目のポイントです。職種にもよりますが、あまりに音楽に集中できすぎると、逆に作業に集中できない、ということもありえます。しかし、周りの騒音はやっぱり耐えられない…ということであれば、ノイズキャンセリングヘッドホンを耳栓として使うのがおすすめ。使い方は簡単です。ようは、音楽を流さずに、ヘッドホンを装着していればいいのです。これでもノイズキャンセリング機能はしっかりと働きますから、周りの騒音がしっかりカットされて、仕事に集中できる環境が手に入ります。

最近はノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンもかなり手頃な価格となってきました。モデルによってその遮音性は変わりますが、まずは安価なものでいいので、ぜひこの機能の付いたヘッドホンを試してみてください。

Recommend