Category : フリーランスは本当に自由か?

ノマドワークの真実

何時であろうと、どこであろうと、パソコンを開けば仕事を始められるノマドワーカーのライフスタイルは自由に満ちあふれています。勤務時間に拘束されない生き方は、今後更に注目されるでしょう。

会社員であっても、通勤をせずに好きな場所で仕事を行っていればノマドであると言えます。通勤時間などに縛られず、自由な環境で働けるメリットは大きいでしょう。もちろん、会社から許されなければ実現しないワークススタイルですし、成果も上げなくてはいけません。

まずは道具をそろえよう

ノマドで働くためには、まずIT関連グッズをそろえる必要があります。機動性を重視すべきなので、ノートパソコンは出来るだけ軽量のものが良いでしょう。もちろん、スペックが必要であれば多少重たくなるのも仕方ありませんが、移動だけで疲れていてはノマドの意味がありませんよね?

次にPocketWi-Fiなどに代表されるモバイルインターネットを用意します。自由気ままなワークスタイルとは言え、いつでも連絡がつき、すぐにクライアントの要望に応えられないようでは社会人としては失格です。

もしくは、公衆無線LANの契約や登録をしましょう。最近では無料でWi-Fiを提供するカフェなども増えてきています。コンセントと無線LANのあるお店をチェックしておくのも、ノマドの常識と言えるでしょう。
【リンク集】公衆無線LAN(Wi-Fi)一覧 -INTERNET Watch

もちろん不安はたくさん

フリーランスにしろ、会社員にしろ、自由に働くということは、それなりの対価が必要となります。仕事のクオリティーを常に求められますし、ミスをしてしまったときにかばってくれる上司もいません。何か問題を起こしたら、すぐに仕事がなくなってしまうリスクがいつもそばにあります。

ノマドで働くことは、自由と引き替えに大きな責任を背負うことだと考えておきましょう。ただ単に自由で気ままな働き方だと思っている人には、あまりオススメは出ません。逆に、どんなリスクを背負っても、自分らしく働きたい人にはピッタリとも言えます。

Recommend