Category : フリーランスは本当に自由か?

フリーランスは一人じゃない

どこにも属さないで一人きりで働くのがフリーランス、という訳ではありません。仕事をもらうために、生きていくために、様々な人に支えられて、毎日を過ごしています。時には営業だって必要です。それが嫌なら、会社員のままでいた方がずっと楽でしょう。

サラリーマンは恵まれている?

会社にいれば、上司からあれをしろ、これをしろと指示が飛んできます。理不尽な要求にも応えなくてはいけません。やりたくない仕事も山のようにあるでしょう。しかし、黙ってそれをこなしていれば、毎月必ず給与が支払われます。実はこれ、とても恵まれたことだと知っていましたか?

フリーになれば指示をくれる管理職はいません。自分で取ってこなくては、仕事自体がないわけです。仕事がなければ当然、収入は途絶えます。

営業だってフリーランスの仕事

仕事をもらうのは容易なことではありません。いきなり企業に出向き「仕事をください」と言っても、見向きもされないでしょう。何か世界的に有名な実績があったり、華々しい賞を取っていたりしていない以上、フリーランスはクライアントからすると何者でもありません。

自分の技術を磨けば、それで仕事が回ってくるわけではありません。自分にはどんな技術があり、どんな実績があるかを伝え、相手にどう貢献できるかをアピール出来なくてはなりません。飛び込みの営業は、専門職が多いフリーランスにはハードルが高いかも知れませんね。

みんなに支えられて、生きています

では、世のフリーランスの人々はどうやって仕事を獲得しているのでしょうか?人によって様々ではありますが、主に横の繋がりを活用する場合が多く見受けられます。

元の会社で担当していた企業に連絡を取り、仕事を回してもらったり、知り合いの伝手で社長を直接紹介してもらったり。もちろん自ら営業に出かけることもありますが、まずは今までの自分の人脈を頼り、そこからスタートする人が多いようです。

一人で働くイメージの強いフリーランスですが、当然一人では何も出来ません。友人や知人など、多くの繋がりによって支えられています。もしかしたらサラリーマンよりよっぽど、社交性が高くなくてはつとまらないワークスタイルかもしれませんね。

Recommend