Category : おうちオフィスの環境を整える!

データをスマートに管理!オンラインストレージに預ける利点とは

データの預け先にはさまざまな選択肢がありますが、スマートフォンなどでいつでもネットに接続しやすくなったこともあり、『オンラインストレージ』が非常に注目されています。個人的に写真などを保管することで、どの端末からでも簡単にアクセスできるのです。

こうしたオンラインストレージのサービスが役立つのは、個人利用時だけではありません。使い方によっては仕事に役立てることが可能で、特にフリーランスの場合は使うアプリも自由に決められますから、活かすチャンスが多いといえるでしょう。

どんなサービスがあるの?オンラインストレージの一例をチェック!

オンラインストレージというのは、ネット上のデータ保管庫と思えば間違いではありません。パソコンなどに繋いで使うHDDなどと違い、利用で必要なものというのは、お使いのパソコンとネット環境以外は特にありません。

オンラインストレージの先駆けとしては、『Dropbox』が人気ですね。連携できるアプリが多い上に操作が簡単で、利用者の多さからも分かるように、セキュリティなども比較的堅牢だといえるでしょう。

「とにかくたくさん預けてパソコンをすっきりさせたい!」という人は、『Pogoplug』も良いです。容量無制限のオンラインストレージが月額500円にて利用できるので、コストパフォーマンスは非常に良好ですね。

他にも通販大手のAmazonが提供する『Amazon Cloud Drive』など、選択肢は非常に豊富です。さまざまなサービスを見比べて、自分にとってベストなサービスを利用するようにしてください。

どんな使い方があるの?オンラインストレージの利用例とは

オンラインストレージは選ぶサービスでできることが異なりますが、評価されている部分というのは、だいたい多くのサービスで同じです。 例えば、『複数のマシンでオンラインストレージ上のデータを同期できる』というのが、効率化の面で評価されています。USBメモリなどに入れて持ち運ぶのではなく、ネット上に預けて、ネット経由で同期することで、効率的でスマートなデータ管理が可能になるのです。

また、データの本体がネット上にありますので、パソコン上のローカルデータが破損した場合でも、オンラインストレージ内のデータが無事なら復旧が簡単です。日本では特に地震などの天災により、外付けストレージだけでは巻き込まれて失う可能性があるので、バックアップ先としても魅力的なのです。

さらには、『他のユーザーとのデータ共有』も簡単に行えます。例えば複数の人と1つのファイルを編集していく場合、オンラインストレージに指定した人全員がアクセスできるなら、ネットに繋げばリアルタイムでみんなの作業が反映できるのです。

無料で使えるスペースを確認しておこう!

オンラインストレージが多くの人に使われている理由に、『一定の容量までなら無料で使える』場合が多いのも関係しています。Dropboxの場合は無料で2GBまで預けられますから、テキストファイル程度ならば、無料のままでかなり使っていけますね。

ただし、2GBでは写真や動画を預けるとすぐに限界に到達してしまいますから、パソコン内のあらゆるデータを預けて効率化したいなら、結果的に有料となります。 まずは無料の範囲内で利便性を確認しつつ、どれくらいのデータを預けるべきか決めてから、有料サービスも徐々に検討していきましょう。

Recommend