Category : ネットは宝の山!副業で稼ごう!

ネットで売れるものを研究してみよう

モノに対する興味がとても強く、いろいろな商品ジャンルに詳しい人は、何が売れそうなものなのかも目利きが出来るようになってきます。儲けようと考えてネットで売れるものを研究してみると、段々それ自体が楽しくなってきます。

音楽系の売れるものとは

CDが売れないと言われて久しいですが、どうしてもほしがるマニアがいるジャンルとしては根強いものがあります。昔のレコードやCDの貴重盤などは、高値で売れる商品もまだ多く存在します。例えば、ガンズ&ローゼズなどの大物バンドがかつてリリースしたアルバムでジャケットが過激すぎて発禁になっているものなど、希少価値のあるCDは高値で取り引きされています。

だいたいが発売禁止やサンプル盤として世に出回る、数が少ないものに価値がつきますので、どこかで見かけたときや、どう考えてもこんな金額で買えないはず、という値段で売っているときは買っておいてあとでオークションなどで売りましょう。

ニセモノをつかまされないように知識を得よう

ネット上ではニセモノも出回り、購入してからも文句を言えないような注釈をつけて巧みに販売している業者もいますので、充分な注意が必要です。ブランド物のバッグやアクセサリーなど、フェイクとわかっている前提でオークションに出品されているようなものもありますので気を付けましょう。その為には日頃から雑誌やお店で本物をみておくことです。

抽選で当選したグッズや、何かの特典で付いてきたものはかなりの金額で売れることがあります。まったく元手がかからずに利益が出るということもあります。お笑いやミュージシャン、アイドルグループのライブなどで配られたものなどは、そのときその場にいた人でなければ手に入らないものですので、どこにも売っていない分、価格はオークションで決められます。とんでもない高値になることもありますので、貴重なものかどうかを考える前にまずはなんでも手に入れる癖をつけておくことでしょう。

また、絶版になった本やDVDも貴重なものとして高値がついていることもあります。そうしたものは、ブックオフなどで買い取りしてもらうこともできますが、お店の価格表にそって買い取り価格がつけられる分、あまり高くはならずにがっかりすることが多いです。オークションの方がより価値をわかる人に直接アピールできるので、出品することをおすすめします。

何が売れるものなのかの目利きになるためにも、日頃から雑誌やお店でモノを見て、情報を得ることを心がけておきましょう。

Recommend