Category : 専業在宅ワーカーならではの悩み

ストイックな精神力が必要です

自分自身をコントロール出来なくては在宅の仕事はつとまりません。自由に就業時間を決められる分、完璧なスケジュール管理が重要です。タスクを間違いなくこなし、どんな状況でもくじけない、強い精神力が大切です。

自由な時間はムダにしやすい?

在宅で働くことのメリットはやはり「時間を自由に使える」ことだと言えます。会社までの往復に時間を取られることもありません。朝起きたその瞬間から働くことだって可能です。しかし、自分に厳しく出来るストイックな精神力がなければ、逆に時間をムダにしてしまうことも多々あります。

自分を管理出来るのは自分だけ

「さてと、仕事しよう!」と決めるのが得意な人なら大丈夫ですが、ついつい「このテレビを見終わったら」という風に就業開始時間を遅らせてしまう人がいます。これではどんどんスケジュールがずれ込んでしまいます。

在宅でしっかり働きたい人には、自己管理能力が不可欠です。プライベートと仕事のけじめをしっかりと持ち、時間を決めて行動ができなくては、タスクを完了することは出来ないでしょう。

また、働き過ぎてしまう人も要注意です。まじめに頑張ることは大切ですが、起きている間中ずっと仕事をしていては、身が持ちません。なによりストレスがたまり、体を壊してしまうかも。その結果、EDなどになったら、パートナーとの関係も危うくなるかも知れません。バイアグラなどの治療薬を使えば治る可能性が高いとはいえ、はじめから気をつけておいた方が賢明でしょう。既に発症してしまっている場合は、早めに専門のクリニックに行ってみることをおすすめします。

予定はいつでも未定になりうる

どんなにしっかりと予定をたて、消化していったとしても、仕事に想定外はつきものです。突然誰かが病気となってしまい、残った仕事を回されたり、パソコンにトラブルが起きて、その日一日が潰れてしまったり。

会社であれば、誰かが助けてくれるかも知れませんが、在宅ワーカーの場合、一人で解決する必要があります。どんな時でも冷静に、自分のキャパシティーを把握して行動が出来なければ、クライアントに迷惑をかけてしまうでしょう。

急な変更にも柔軟に対応が出来なくては、一人前の在宅ワーカーとは呼べません。普段からの業務を予定通りにこなし、かつ効率化をいつも意識出来るようなひとでなくては、つとまらないワークスタイルと言えます。

Recommend