Category : 転職時代の生き抜き方

生きることは学ぶこと

人は生涯を通して学ぶべき生き物です。義務教育を終え、高校大学を卒業したからといって勉強は終わりません。むしろ社会に出てからが、本当の勉強と言われます。

学び続けることが大切です。特に、家に閉じこもってばかりの在宅ワーカーにとっては、広い世界を見ることも時には必要でしょう。ディスプレイの中だけに、世界の全てがあるわけではありません。

勉強し続けることこそ重要

今や、転職・リストラが当たり前の時代です。生涯勤め上げる自分の会社、というものはなくなりました。これからは個人の能力・技術が大切な世の中となっていきます。新しい転職先で頑張るのも良いでしょう。実績を買われ、ヘッドハンティングされる人も増えるでしょう。フリーランスとして、自由に生きていくのもひとつの選択です。

全てに共通して言えるのは、今、世の中で何が起こっているのかを注意深く観察することです。それによって、これから自分がどうしていくべきなのかが見えてくるはずです。

このサイトでは、お部屋を仕事場として生き抜く方法などを紹介してきましたが、いつこのワークスタイルが出来なくなるかはわかりません。逆に、これからの働き方としてより定着していく可能性もあります。

どんな状況になっても、あなたがしっかりと学ぶことを続けていれば、きっと大丈夫です。自身に能力と技術さえ備わっていれば、どこでも通用します。

家の外には、学ぶべきことがいっぱい

何を学ぶべきかを間違えてはいけません。自宅にこもりっぱなしだと、外の世界にどうしても疎くなってしまうものです。ニュースサイトやSNSなどを使っても、知れることはほんのわずかでしょう。 在宅で働く人にこそ投げかけたい言葉です。

外に出てください。
人と話してください。
街を眺め、世界情勢を想像してください。
自分以外のひと・ものは、良き先生です。色々なことをあなたに教えてくれるでしょう。
外出を終え、帰宅したならまた仕事に戻りましょう。
きっといつもと少し違った気持ちで、デスクに向かうあなたがそこにいるはずです。

自ら勉強をすること。人やものから教わること。家で仕事をする人だけでなく、全ての社会人に必要なことです。今後の仕事を、人生を、より充実させるために、いつも頭の片隅に「学ぶ心」を置いておきましょう。

Recommend