Category : フリーランスは本当に自由か?

フリーランスとして働くなら知っておきたいこと

会社のしがらみから解放されて自由に仕事をしたいという考え方からフリーランスとしてのスタイルを確立する方が増えてきました。

そこで、会社をやめて独立する前に知っておきたいことを下調べしておきましょう。フリーランスとして失敗しないためには必要不可欠なことです。

働き方に対する心得

職場の環境が合わなくて仕事を辞めてしまったという方が多い時代になりました。しかし、働かなければ生活していけませんから、働く意欲があるのでフリーランスという道を選んだと語る方も同じように増えてきました。そういったスタイルで働くことが珍しくない時代になったので、自分の周りにもいるのではないでしょうか。

会社員として働いているとフリーランスがとても魅力的に映りますが、だからこそフリーランスとしての心得を知っておく必要があります。どんな人が向いているのか、逆に向いていないのか、これを知らずに突発的に仕事を辞めてしまい、実は自分はフリーランスが向いていなかったという場合は大変です。働き方の心得は会社員とは大きく違うことがたくさんあることを覚えておきましょう。

知っておきたい収入のこと

毎月お給料が振り込まれる会社員とは違い、フリーランスは自分で仕事を探して請け負って、初めて収入に繋がります。やればやるだけ収入になりますが、仕事がなければ収入はゼロです。学校を卒業してすぐにフリーランスになるのは難しいという話しがありますが、それは人脈を築いていないためだといわれています。

社会人として働くことで色んな人と繋がりあえますが、独立することでそれらの人脈を元に仕事を探せるようになるため、卒業してすぐフリーランスとして収入を得ることはとても難しいと考えられます。

お休みの日はどうするか

フリーランスは自分の好きなタイミングでお休みすることができます。仕事がある日でも朝早起きする必要はなく、自分の好きなタイミングで仕事をはじめて、好きなタイミングで終わらせることができます。だからこそ、無理をする人が後を絶ちません。

暫く仕事を休んでいないとか、夜寝る時間がほとんどないなど、自分の体にムチを打ち続けます。これはフリーランスとして失敗する典型的なスタイルです。会社員として働いていたときと同じようなペースでしっかりと休日を取りましょう。

バランスが必要な精神面と体力面

クタクタになってしまえば仕事をこなすことが困難になります。その結果として収入が減り続けて、フリーランスとして活躍できなくなってしまいます。やればやるだけ収入に繋がりますが、それは精神面と体力面が健康だからこそ維持できるものなのです。バランスの取れたライフスタイルを心がけること、フリーランスとして成功させるためには必ず覚えておいてほしいことです。

すでにフリーランスとして働いている人を見れば、なにもかもが自由でうらやましいと思いがちですが、それは自己管理が徹底しているからこそそう見えるもののようです。フリーランスとして働く前に知っておかなければいけないことは山ほどありますが、それはすべて自分のためになるわけですから、フリーランスのスタートを切る前に念入りに情報を集めておきたいところです。

Recommend